トータル歯科治療
当クリニック診療科目
インプラント
矯正歯科
審美歯科
トータル歯科治療
スリープスプリント
その他一般診療項目
予防歯科
一般歯科
小児歯科

1. 総合歯科治療とは?


口腔とは、人体において最も面積の小さい器官ではありますが、例えば口腔外科、修復科、
口腔内科、口腔矯正というように、学科で申しますと非常に細かく分類されています。口
腔疾患の患者様は、往々にして異なる専門科にまたがる場合が多く、言い換えれば、異な
る専門分野の医師達の治療が必要であるということです。もしも医師陣の配備が不完全で
あるなら、治療が中途半端に終わってしまい、隠れた危険性を残すことになりかねません。
ですので、アイ・スマイル歯科では総体的な治療プランを提唱し、前段階の基礎治療が完
了しない限り、次の段階の治療には入りません。また、総合的な治療の必要性から、形成
外科、修復、矯正など各分野の専門医師による総合的な医師チームを配備していますので、
総合的な診療サービスを提供できます。


2. 総合治療の症例

43歳の女性患者は、食べ物が全く噛めず、古くなった義歯も見た目を損ねるという理由から当クリニックに来院されました。口腔検査を行った結果、上下顎の骨格の不整合が原因であることが分かりました。10代の時に行うべき矯正治療を受けていなかったようです。よって、充填やクラウンといった補綴を繰り返してきましたが根本的な問題は解決されず、絶えず問題を抱えていました。当クリニックでの診断により、下顎にはインプラントによる固定修復を行い、歯牙喪失により骨格形態を改善するチャンスを失った上顎には、入れ歯を用いました。治療完了後は、見た目と機能が回復し、患者様は非常に喜ばれました。









55歳の女性患者は、長年に渡り取り外し式の入れ歯を使用していました。入れ歯は脱落しやすく、社交生活に影響を来たすため、常に気分が塞ぎがちでした。当クリニックでの診断により、トータル治療プランを立て、まず下顎にインプラント治療を行い、その後上顎の無歯顎部分には、フラップレス手術(CT撮影とコンピュータシュミレーションを行うことで、手術用テンプレートをあらかじめ作成し、歯肉を切ることなく正しい位置に正確にインプラントを埋め込む手術)を行い、その日のうちに仮歯を付けることができ、3ヵ月後には治療が終了しました。









52歳の女性患者は、咀嚼時の噛み合わせが悪く、自身でも噛み合わせが低いと感じ、多くのクリニックで診てもらいましたが、治療できないと言われたそうです。検査の結果、先天性欠損歯が5本あるため、歯列の不正により歯が傾斜していき、噛み合わせが低くなり、下顎後退(低く深い噛み合わせの状態)に至ったものでした。
当クリニックにて、インプラント治療とクラウンによる修復プランを立て、噛み合わせの高さを正常に回復させました。患者様も非常に満足していました。




54歳の男性患者は、左上3番に力がかかりすぎて歯根破折となり、痛みを訴え来院されました。全体的な顎の検査と診断の結果、前歯の不正咬合のため奥歯を守ることができないことが、真の病因でした。患者様と相談し、前歯を改善したいというご希望により、当クリニックで治療プランを立て、矯正、インプラント等により、高い治療効果を得られました。




クリニックガイド トータル歯科治療 予防歯科 埋伏智歯抜歯 口臭
クリニック理念 インプラント カウンセリング 義歯 歯茎の出血
診療環境 矯正歯科 スケーリング 根管治療 知覚過敏
パートナー企業 審美歯科 小児歯科 補綴 智歯周囲炎
  スリープスプリント(いびき治療) シーラント   歯を白くしたい
 

上海 歯科

iSMILE DENTAL. Designed by 7thDesiGn
沪ICP备11039466号