小児歯科
当クリニック診療科目
インプラント
矯正歯科
審美歯科
トータル歯科治療
スリープスプリント
その他一般診療項目
予防歯科
一般歯科
小児歯科

アイ・スマイル歯科では、インプラント治療、審美歯科、歯科矯正など世界的に高い技術を必要とする特徴的な項目以外にも、一般歯科と口腔カウンセリングにも尽力しています。特に、お子様の歯の健康を守るために、小さい頃から歯を大切にする習慣を身につけてもらえるよう、定期的に歯みがき教室を開催しています。



1.
いつ頃から子供を歯医者に連れて行くべき?

乳歯が生え始めた頃から、歯医者に来られるのが理想的です。メリットとしては:

・虫歯を早期発見できる。歯が生え始めた時から、虫歯のリスクが発生します。早期に虫歯が発見できれば、治療も非常に簡単に済みますので、お子様も怖いと感じることはないでしょう。

・歯の生え具合と顎の発育状況を随時チェックすることができる。

・子供の頃から歯を大切にする良い習慣が身につく。


2. 乳歯が虫歯になっても治療しなくても平気?

乳歯は生え変わるので治療の必要はないと考えている方が、多くいらっしゃいます。乳歯の虫歯を治療しないと、以下のような問題が起きてきます:

・痛みが出始めた場合、お子様が苦痛に耐えなければならない。

・重度の虫歯による痛みで、お子様の食事に影響を及ぼす、つまり栄養摂取に影響を与え、発育と健康に影響が出る。

・重度の虫歯による痛みで、食べることを嫌がり、顎への刺激が足りずに発育不足に陥る、また永久歯の歯並びに悪影響を与える。

・発音に影響が出ることにより、社会的な自信に影響を及ぼす。

よって、乳歯の虫歯といっても、適切に治療を行う必要があります。

・虫歯は感染症であり、永久歯に移る可能性が大きい。

・欠損が大きい場合、顎骨まで感染するケースもある。

・後継歯の萌出に影響を及ぼす。



3. 乳歯が生えたら、いつからブラッシングを始めるべき?

早ければ早いほど良いです。お子様がまだ物を吐き出すことを覚える前から、保護者が指貫状の歯ブラシできれいにしてあげるのも良いです。フッ素入りの歯みがき剤は、うがいのできる3歳頃から使い始めると良いでしょう。乳歯が全部生え揃ったら、定期的にクリニックでプロによるお掃除(子供用の歯のクリーニング)やフッ素塗布も行えます。




4. シーラントって?

奥歯の上面には天然の溝があります。この溝には食べかすや細菌が溜まりやすく、虫歯になりやすいのです。シーラントとは、シーラント材で溝を埋め、虫歯を予防することを目的とします。シーラントの必要な歯は、通常6歳臼歯と最後に生える12歳臼歯で、虫歯予防に非常に有効な方法と言えますので、これらの歯が生えてきたら、シーラントを行うことをおすすめします。



5.飴を食べなければ、虫歯を予防できる?

お子様が糖分をたくさん取りすぎることと虫歯の発生には関係がありますが、飴を食べさせない、またお子様が飴を食べないからと言って虫歯にならないと考えるのは、違います。

また、歯みがきをすることだけでなく、顎の発育上、できるだけたくさん食物繊維を採ることも私たちはおすすめします。なお、飴を食べた後、きちんと歯みがきをすれば大きな問題にはなりません。逆に、飴を食べないからといって歯みがきを怠ると、虫歯になってしまいます。
よって、最も効果的な虫歯の予防方法とは、きちんと歯みがきの習慣をつけること、定期的にクリニックで検査をすること、6歳臼歯と12歳臼歯にシーラントを行うことだと考えます。




6. 運動時に子供の歯を守るには?

お子様が運動をする機会が増えていくたびに、運動中に子供の歯が傷つかないか心配することも増えてきます。

経済の比較的発展している国々では、子供たちはサッカー、ボクシング、バスケットボール、野球、ホッケー、スケートなど倒れたりぶつかったりするような運動の際には、マウスピースをはめて歯を保護し、衝撃を抑えています。

クリニックガイド トータル歯科治療 予防歯科 埋伏智歯抜歯 口臭
クリニック理念 インプラント カウンセリング 義歯 歯茎の出血
診療環境 矯正歯科 スケーリング 根管治療 知覚過敏
パートナー企業 審美歯科 小児歯科 補綴 智歯周囲炎
  スリープスプリント(いびき治療) シーラント   歯を白くしたい
 

上海 歯科

iSMILE DENTAL. Designed by 7thDesiGn
沪ICP备11039466号